万年筆、始めましょうか。


さて、ちまたで一部にすごいヒットしている万年筆。
色々なブログで紹介記事とかあがっています。
なので単に私が使ってよかった万年筆を語っていこうかなと思います。



*敷居が下がってきてる今こそ。


今、プチプラ万年筆、という言葉があるほど、安くていい入門編と呼ぶべき万年筆が増えてきています。
そして、インクもカラフルで、ラインナップを見るだけでも目移りしてしまいそうなくらい、たくさんの種類があります。
ちなみに、マイ万年筆(筆頭組)の写真はこちら。カクノちゃんが見当たらなくて欠席ですが。。。
mannenhitsuhittou


万年筆、かっこいいよなぁ・・・。でも敷居高いよね絶対・・・。とおもってるそこの貴方!
今ですよ! 今ならお安く始められちゃうんです!!遠いあこがれのはずの万年筆が!!

では早速、そんなプチプラ万年筆の紹介に移りましょう♪

*セーラー万年筆 ハイエースネオ


私が最初に手を着けたプチプラはこれです。

だって、1000円ではじめられるんですもの。。。

しかも、さすがセーラーさん。日本語に適した細字。
漢字を書いても文字がつぶれない・・・!
鉄のペン先もカリカリして、これはこれで良い。

作りがシンプルなので、普通のボールペンとパッと見変わりがありません。
軸色を何色か出されているので、インクの色に合わせて違う軸色のものを数本持っても良いと思いますよ!!


*パイロット KAKUNO(カクノ)


まず、かわいい!
キャップと軸色の組み合わせが多様ですので、お気に入りの色合いを探すのも楽しい。

そして、ペン先。
細い! 日本語書くのにピッタリな細字です。
あとペン先が顔になっててそれもまたかわゆし。

ただ、キャップにひっかけるところがないので、ペンホルダーに入れるのには向かないのがちょっと残念点だったりします。

*オート(OHTO)万年筆 Dudo(デュード)


この子はかっこいい!
角張ったデザインとカラーリングがすてきすぎて一目惚れしました。

書き味もさらさらで、とてもいいんです。
が、難点がひとつ。

細字の割に太い。
海外製品はたいていこの条件に引っかかってしまうんです。
横文字書く人ならいいんですが、漢字には正直向かないかなぁ。

でもやっぱりデザインが素敵すぎます。
これの極細があったらまた買っちゃうなぁ。
昔からのよくある万年筆なデザインに抵抗ある人には全力でおすすめです!!

*プラチナ万年筆 バランス


これも細字。
とてもいい細さです。
最近までこの子に第一線張ってもらってました。

ほかのプチプラより少しだけお高めですが、その価値ありかも。
バランスの名のとおり、持った具合も書き味もちょうどいい、という。
プチプラにありがちなカリカリになりすぎない、スムーズな書き味です。


一通り、私が経験してきたプチプラのメインについて並べてきました。
じゃあ、今はなにを使っているのか?

ということで最後にご紹介!

*プラチナ万年筆 #3776 超極細


今の相方はこちら!

鉄ペンからの金ペンです!!
でもものすごーく高い万年筆にくらべたらずっとお手頃。

あと、このシャトルブルーのきれいさに惹かれてしまいまして・・・。
手帳の革カバーが赤だから合わないかなぁと思いつつも、こちらの色にしてしまいました。

超極細なだけあって、手帳に書き込むにもぴったりです。


*仕舞いに

結論、私的には、プラチナ・セーラーの二強かなぁと。
それ故に#3776を買ったのもありますし。

初心者の入り口としては、一番いいのはカクノかもしれません。
いま人気沸騰中で、いろんな文房具屋さんで手に入りますしね。

本当はペリカンとかラミーとかもかわいいし気になるんですけど、結局使わないのじゃ万年筆がかわいそうかなぁと思って、手を出していません。

長く熱く語りましたので、この辺で仕舞いとさせていただきます。
虹色えまぃん堂、今後ともどうぞご贔屓に。

2 件のコメント :

cat blue さんのコメント...
えまいん さんのコメント...